2019年11月17日

キッチン機器交換

20年以上たったキッチンのレンジフードとガス機器。
今のうちに交換だわ、と工事を依頼。
前に書いたように、最初に依頼した業者は返事ばかり良くて連絡なし。
本当に連絡不十分な業者の多い事。ちっ(怒った顔)

プライベートな事だからと、気長に待ってましたがさすがに半年を過ぎたらもういいかな。で、違う業者に依頼。無事完了しました。

DSC_0102.JPG

今回拘ったのは。ガス口は2口だけでいい点。
通常はお決まりのように3口。でもよほどの料理好きでない限り3口は使いません。
私の場合は1口でもいい位。まぁさすがにそれはやめたけど、メーカーも考えて欲しいものです。2口を探すのに手間取りました。
コンロ下はゴミ箱収納にしたかったのでオープンにして、調理器具や食器も断舎利。
出しっ放しだったゴミ箱も片付きこれで狭いキッチンがスッキリ。

だいたい毎日の料理では使うものが決まっています。
電子レンジやクッキング鍋の普及で調理法も変化しているし、スーパーでは半調理品も売っています。
いつまでも昔の調理法ではないはず。
こうして見るとメーカーの考え方が一番遅れているような気がするのは私だけ?

床張替の為に冷蔵庫を動かしたら、亡くなった猫の宝物がどっさり出てきました。がく〜(落胆した顔)

_20191111_124027.JPG

追いかけて、冷蔵庫の下にシュートしていたアビ。思い出して、また涙・・・もうやだ〜(悲しい顔)



posted by earlgray at 10:56 | TrackBack(0) | インテリア考

2019年11月12日

東京で

友人と会うために日帰り東京。
待ち合わせの渋谷は相変わらず混んでいますが、セルリアンにしたので
喧噪からは離れられ、3時間近くゆっくり出来ました。
その後バスキア展を見る為に移動しましたが、なんと入場まで80分のアナウンスだったので断念しました。
次の約束が6時からだったので頑張ればなんとかだったけど、入場してもあの人並ではゆっくり鑑賞できないと思ったからです。
この状況では正倉院展も然りでしょう。日を改めて平日再トライですね。

6時からは駅構内でのミニ宴会。業界関係役職者ばかりなので盛り上がりました。
それなりに成した方は、話がお上手ですね。

ところで今の地下鉄、結構こだわっているのですね。
銀座線の車両の棚、なんと透明のガラスかアクリ板なのですが、麻の葉柄がエッチングされていました。

_20191109_151323.JPG


照明も付いて、なんとおしゃれグッド(上向き矢印)
気にする人も少ないと思いますが、こういうの好きでするんるん
posted by earlgray at 15:43 | TrackBack(0) | インテリア考

2019年11月08日

ストレス解消法

依頼された工事日が決まらないちっ(怒った顔)
9月末に話をいただき、見積をしてGOサインが出たのは10月末。
業者に連絡をしたら台風の為に調整中なので、の回答。
それから2週間近くたつのに、まだ回答がない。
イラつき度マックスexclamation

どうして見通しの連絡しないのかしら?客が不安になるでしょう。
こういうの嫌い。でも結構あるパターン。

性格上言われたことはすぐ行動しないと気が済まないのですが、世の中はそうではないらしい。だからお客様との間に入ってやきもきするのは相当のストレスなのです。これも仕事を卒業したくなった原因の一つです。


ところで飼い猫の背中にかさぶたが…
ようく観察していると、どうも自分で掻いているようです。
そこで洋服でガードする事にしました。本人は嫌でしょうが…
でも可愛いるんるん

2019-11-01 10.37.08.jpg

2019-11-07 11.20.30-1.jpg

猫は一番のストレス解消法でするんるん
posted by earlgray at 13:11 | TrackBack(0) | おシゴト日記

2019年11月01日

10月


10月は映画と食事会に明け暮れていました。
(映画は見始めると連続になるのはなぜ?)

誕生日と卒業案内が効いたのか、友人や施主からのお誘いも目白押し。
まぁ、ありがたい事です。

映画は<真実>が最初。カトリーヌドヌーブ主演の是枝作品。
仕事の性で、どうしても背景に目がいくのですが大女優としての貫録にはひき付けられます。
若い頃は年上の方との付き合いが多かったので、大多数が彼女のフアン。
同じ髪型、化粧の友人も多かったし、タバコの吸い方や洋服までまねていたなぁ。
(自分は土台が違うので、対象外もうやだ〜(悲しい顔)
劇中で出てきた亡くなったお姉さんの黒いワンピースドレスは、私の記憶の中にもありました。

残った妹の彼女は年を取り、腕や手にはシミやしわ。お腹もポッコリ。
でも視線の強さや迫力は昔の儘で素敵でした。
存在感のある人は違いますね。
(彼女の住まいのインテリアがチープに感じたのは私だけ?)
吹き替え版を選んでしまったので、宮本信子さんの声にも違和感。
名のある方はそれぞれ存在感があるから、微妙にマッチしていなく感じました。
吹き替えの声は無名でいいから合った声にして頂きたいわ。

続いてはニューヨークのホテル、カーライルのドギュメンタリー。
決して最新ではないし、機能的でもありません。日本で言えば昭和感のあるホテル?
でもそこに郷愁や歴史を感じる人たちが居心地の良いホテルとしてここを利用しています。

インテリアはアールデコをもとに貴族の邸宅を模したもの。
基本的にクラシックなインテリアは好みではないけれど、品格と落ち着きがあるのは感じますね。働く人たちも誇りを持って仕事をしているのが伝わります。

年月を得ても存在感があるのは木などの天然素材の力でしょうか。
そこを考えるとモダンなインテリアはどうなるのかなぁ?
曇ったり錆びついた金属やガラスは味というよりがらくたになりそう…
生命があったものからの材料の違いかしら。

ブルーノートレコードのドギュメンタリーも良かった。出てきたジャズメンのレコードも沢山持っていたので、単純に懐かしい。時代のファッションやインテリアも、あるある、でした。

ドクタールースは90歳の女性のドギュメンタリー。セックスカウンセラーとして現役の方。
並外れた人生なのですが、現在住んでいるアパートメントが狭いながらも彼女の人生が出ています。
混乱と自我が現れたインテリア。

こうして見るとストリーもさることながら大半は背景のインテリアに目が向いています。
テレビでもそうだから正直あらすじは結構うろ覚え。
でも環境は人を表すから重要です。
時々ドラマの中でこの性格の人は絶対置かないだろうなという小物を見て、シラケる事もあり、自分でも病気かなと思うくらいですがく〜(落胆した顔)




posted by earlgray at 13:41 | TrackBack(0) | インテリア考

2019年10月25日

伊勢


行ってきました。グッド(上向き矢印)

台風が過ぎたばかりなので、お天気は心配でしたが予約を入れていたので決行。
東京集合の二泊三日のツァーです。
集合場所の日本橋口では色々のツァーの集合場所。凄い混雑です。
熟年者ばかりがく〜(落胆した顔)
まぁ、時間とお金に余裕のある人たちだから仕方ないかぁ。

気になるお天気は晴れ女の自分でも中日の午後は雨。台風だから仕方ないです。
それでも行ってよかった。


外宮内宮ともザ・日本という感じでおごそかです。海外の人も少なく混んでいるけどざわついてはいません。
神明造とか大社作りは本では見てましたが、実際に説明を受けると納得です。

DSC_0075.JPG

DSC_0070.JPG

お参りの仕方とか今までなんちゃってでしてきた事も確認できたし、神話と歴史の両方が身近になりました。
それにしても日本は瑞穂の国、なんですね。

おかげ横丁は思ったより小さく、土産を買う相手も欲しいものもない私達にはこんなもんかなぁの感慨だけです。

_20191025_133829.JPG

今回は初めてなのでツァーの形をとりましたが、正解。
無駄なく周れましたし、東京の友人が年内で会社を卒業し札幌に戻るというので、二人の仕事の卒業旅行という形になりましたが、喋り捲った旅行で楽しい時間でした。

ちょうど即位の礼の日時と重なっていたので、他の友人たちからは?今?と不審がられましたけど…わーい(嬉しい顔)
posted by earlgray at 13:51 | TrackBack(0) | プライベート

2019年10月11日

研修で

テフィカ研修、今回はヤフーとグーグルのオフィス見学が中心です。
一言で言えば面白かった。

ヤフーさんは社員は人の交流が生み出す力を大事にしているので、どこで仕事をしてもいいので席はない。バックの中にスマホとパソコンを入れて好きな場所で仕事ですって。
それぞれの居所はパソコンで調べることが出来るそうちっ(怒った顔)
会社の大きなテーマは
グッドコンデション、オープンコラボレーション、ハッカブル。
社内には託児所やクリニック、いつでも利用可能なカフェや収録スタジオまで完備。
環境は羨ましい。
初めに会社のレクチュアーを受けてからの社内視察でしたが、一番の印象は業務範囲の多様さと社会貢献の多さ。さすがヤフー。
その後社内のカフェでランチに誘われたのですが、あいにく赤坂プリンスクラシックハウスのランチを予約していたので、お断りしました。

でも若者だらけで、カジュアルな最新の企業オフィスを出た後の落ち着いたインテリアは、やはりほっとする空間。
昭和のメンバーにはホテルの心地よさがたまらないのです。

宿泊は星野リゾートの大塚。
時間があったので荒川線にも乗りました。路面電車が又昭和です。
紀尾井町の最先端より下町のローカルさを堪能しました。

ホテルは若い人向けでしょうか? ステップフロアで中2階に二人分の蒲団が用意され、下の大きなソファに一人が寝れる3人部屋仕様。今までの星野とは違います。

DSC_0019.jpg

DSC_0020.jpg


部屋では何度か頭ぶつけたし、浴室のタイル目地にはもう黒カビががく〜(落胆した顔)
スタッフはフレンドリー。
感想としては、若い方や海外の旅行者用ですね、実際海外の方が多かったです。
ただ地域活性化も目的にしているので、周辺の飲食店などの案内も充実していました。
こちらも社会貢献に目を向けています。

さて、次の日のグーグル。
こちらは半分が渋谷に移転中で、バタバタのなかの見学です。
場所は六本木ヒルズ。
通された部屋は森がテーマで会議室らしからぬ作りです。グーグルさんがお勧めするパソコンを使っての会議は今まで見たテレビ会議よりも進んでいます。
ドライブを使う事で情報を共有し、徹底的に無駄を排除しているのも凄い。
(例えばセミナーの資料も一から作るのではなく他の人の人が作った資料を再利用したり…)
まぁ社内だから出来るのでしょうが。

ここもコンセプトテーマによってインテリアが階ごとに違います。
ユーチュバー用のスタジオもありました。
担当者はエサでつっていると言ってましたが、各所にカフェがありいつでも休憩が取れます。おやつ食べ食べわーい(嬉しい顔)
席はやはりフリーですが、定位置もないと人は落ち着かないという事で基本の席はあるようです。
ここでも優秀な一人よりチームワークで仕事をする、が優先です。

こちらでは一緒に社内ランチをご馳走になりました。かなり美味しいレベル。
バリスタもいるカフェも充実。
日本人より海外の方が多い気がします。女性は3割強くらいでしょうか(ヤフーも同じ)
担当者は離職率は低いと言っていましたが、この環境ならさもありなんです。

何れの会社もペーパーレスが基本です。これは私たちの業界では難しいかなぁ。
触って、手で確かめて、なところがあるしね。
それにしても、今時のオフィスは昭和の概念を変えますね。
全てが優れているわけではありませんが、参考になります。

最後は新木場の木材会館で終了。
建物の内外に木を使ったそれは美しかったです。
木を使う許可を得るのは大変だったでしょう。
さすが。

_20191010_184742.jpg

DSC_0042.jpg

今回はかなり有意義でした。一緒のメンバーも大人なので黒ハート




posted by earlgray at 16:55 | TrackBack(0) | おシゴト日記

2019年09月27日

インテリア工作


グーグルマップ、好きるんるん

地図に行った場所マークを付けるのもルンルンだし、気になるところに行きたいマーク付けるのもワクワク。
タイムラインでその日にどこに行ったか振り返るのも記憶の確認で面白い。
だから,グーグルへの要望としてはマークの色をいろいろ変えて欲しいのですが…

フェイスブックやインスタで情報を見る人は多いけど、マップの口コミも侮れません。
自分の口コミで確認すると2000人以上が見ている場所もあります。
お出かけには興味あるところの評価を見てから行く場合も多いので、インスタやフェイスブックなどより確認しやすいのでしょう。
もちろん、鵜呑みはいけませんがずっと見ていると不思議な事に見分け方がわかるのです。

それにしても口コミは、悪口や文句ではなく自分としての事実を単純に伝える事が大事のような。
これが結構難しい。えてして好き嫌いや文句になりがちなんですよね〜。
しかも価値観が違うとコメントが真逆の評価になる場合もあります。
気を付けなければふらふら

気を付けると言えばまたやってしまいました。
コンビニで車に乗る時、間違えて他人の車に…

この手は若い時から頻繁にやってます。
一度なんか、いすずの117クーペに乗っていたのに間違えてカローラに乗り込もうとして連れに叱られた!117クーペと間違えるなんてちっ(怒った顔)
要するに車には興味ないだけなんですが… 走ればいいのですよね〜。

同様のミスは数えきれなく、エレベーターの非常ボタンの押し間違いも…
さすがにこれはまずいので、最近は慎重にしています。

仕事ではこんな凡ミスしないのですがねぇ。

で、どうでもいい事はさておき、先日のインテリア工作です。
形が気に入って購入したテーブルの天板はメラミン化粧板。
安物なので、熱いカップを置くとすぐ、白い輪染みが付きます。

2019-09-27 09.54.09.jpg

何とも貧乏臭く、メラミン消しゴムで削って塗装かけたりと色々試したけど全滅。

ひらめき
ダイノックシートを切って貼り付けてみました。
結果がこれ。

2019-09-27 09.56.02.jpg

全体を見てもなんちゃってですが使えます。輪染みよりましかな。

IMG_20190927_100950.jpg
posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | インテリア考

2019年09月17日

新大久保

連休なのに法事の為、世田谷の久成院へ。
ここのお寺はわかりにくく、千歳船橋の駅で降りて歩いて10分位の場所なのですが、
いつもタクシー。
祖父母や叔父叔母がいる其処には、そのうち父母も入る予定。
たぶん自分もなのでしょうが、個人的には海への散骨希望をしているので、どうだろう…
ご先祖様に怒られるかしら?
住職さんは女性でお話も温かみがあり、いいお寺なのですが迷います。

2019-09-15 14.13.55.jpg

終了後、友人の見舞いの為に新大久保まで行ったのですが、なんとがく〜(落胆した顔)
駅が凄いことになっていています!
出るも入るも出来ない混雑。帰るころには大丈夫?と高をくくっていたら帰りは
入場出来ない位に人が増えています。待ち合わせに遅れるのでタクシーを探してもなかなかつかまりません。やっとのことで捕まえましたが結局30分の遅刻もうやだ〜(悲しい顔)

それにしても凄い。戻ってから調べたら昨年あたりから混雑している感。
改札が1か所しかない上に異国人気で人が多いとか。
しかも改札増設の工事も始まっているから余計混んでいます。

考えてみたら東京はかなり行ってますが、新大久保は初めて。
降りた瞬間町の匂いが違います。スパイスの香りが漂い、アジア系の人も多い。
生活している人達なので露天商品も面白そうで、時間があったら寄り道したかったわ。
まぁ、でも二度と行かないだろうなぁ。あの混雑は無理。
タクシーが新宿を抜け丸の内近辺に来た頃には正直ほっとしましたグッド(上向き矢印)







posted by earlgray at 11:18 | TrackBack(0) | プライベート

2019年09月13日

角館

侘び桜、久しぶりに泊まりました。
部屋に温泉付きのリゾート宿。
今回はラッキーなご招待るんるん
この宿は山奥で何もないけど、居心地がいいグッド(上向き矢印)

秋田産の樺細工をあちこちに取り入れていますが、モダンな処理がなされているので
田舎くささがありません。

名産品をインテリアに取り入れるとえてして変になるのですが…
窓辺の飾りもおしゃれです。

2019-09-11 15.58.55.jpg

さすがにオープン時のキラキラ感は無くなりましたが、そのぶん落ち着きが出ています。

2019-09-11 18.01.09.jpg


宿でのんびりした次の日は内陸線に乗って田んぼアートの見学。

2019-09-12 12.59.06.jpg

台湾からの観光客の多い車内は騒がしかったけれど、言葉がわからないのでBGM?
これが日本語だったら超迷惑でしょうわーい(嬉しい顔)
言葉がわからないのもいいものです。るんるん

posted by earlgray at 12:56 | TrackBack(0) | インテリア考

2019年09月06日

これから

9月になったけど、まだ暑い…

昨夜は旧知の施主のご自宅でご飯を頂きました。
30代前半の若輩自分に、億近い自宅の新築を依頼されたドクターです。
奥様の美味しい手料理を頂きながら当時の思い出話に花が咲きました。
先生と二人水沢まで行き、鋳物工場で造作座卓の打合せをしたこと、旧宅にあった蔵で催しをしたこと、風呂敷きで作ったタペストリーもいまだ健在です。
お二人も自分も気持ちは当時のままですが、学生だった御嬢さんが今は3人の母。
そりゃ年も取りますふらふら

コンクリート打ち放しで作ったその家は風格が出ていい感じ。

ただ当時よりは物が増えています。自分的にはお片付けしたいです。

当初はこんな感じ。ジャズと骨董が似合う空間が希望でした。

imai.jpg

今もこれと同じです。
これからの課題はこの広い家に二人で暮らすのはいつまででしょう?とその後の活用法。
この課題はお客様全員に言えます。
自分の小さな実家の家だってそうですから…

先日不動産屋に確認したら50〜100万の値付けがく〜(落胆した顔)
土地は120坪はあるのに、なんと!です。相続放棄するしかないかなぁ。
空家が沢山余っているのも、売れないからね。
皿地にすれば固定資産税が上がるからそれも出来ません。
この国はどうなってしまうのかしら?昨夜の話題もそれでした。




posted by earlgray at 16:18 | TrackBack(0) | インテリア考