2018年03月31日

センスが育たない

美容院の現場からの帰り。
場所が鉤取だったので、帰り道は行きと違うルートにしようと、生出経由で帰る事にしたのですが、景色が様変わりしていることにびっくり目
大きいスーパーを中心にミニモールが出来ている!ご近所に方にとってはとっても便利そう。

この頃はどこもこんな感じですね。
大きいスーパーは食品から生活雑貨、日常の衣類も揃っているから生活には困りません。これでは街中に行く必要なし。

自分を言えば、街中に住んでいるので日常の買い物はデパートとネットが中心。
デパートもご近所という事で、つっかけサンダルでうろうろ。
デパートが生鮮スーパー替わりでしょうか。変わったもんです。

小さい時、デパートに行くという事はハレの日でした。
だからおしゃれをさせてもらいウキウキ気分だったけど、現在はケの日だから、全く構わない。
デパート自体も高級感は消え、商品も普通。
仕事にしても服装のカジュアル化が進み、改まった格好より普段着に毛が生えた程度。

悪いことではないのだけど、センスって場をこなしてナンボのところがあるから、センスアップには程遠い生活ばかりしていると、センスが育たないのが残念。
だってセンスはファッションだけではなく生き方そのものですもの。

帰り道の桜は満開を迎え、とても綺麗るんるん

本体もそうだけど、風に散った花が下の低木に落ちて絵になっていました。
素敵!

2018-04-03 14.42.52-1.jpg


posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年03月23日

打合せも様変わり

最近現場で打合せをしていると、メモをしないで録音している人がいる。

さすがにゼネコンでの打合せの場合は、録音をもとに議事録として書面が出てくるけどただ各自の録音だけというケースも多々。
なんか、おかしくないかしら?

打合せの記録は書面となって初めて参加者と共有が出来るのだと思います。
間違いがあれば訂正も可能。
なのに自分の録音だけでは、何かもめた場合の予防手段としか思えません。
共有する事で、経過を振り返ることが出来るし、会議の進行状況もわかります。
せめて録音した場合は書面にも起こし、参加者に配るべきと思うのは私だけ?
いつどこで、どんなふうに録音されるかわからないので、うかつなことも言えないですね。

そうかと思えば用意した資料もきちんと見ず、今までの記録も見ない人が打合せにいる。
今更それ言う?やそこに書いてあるだろう〜!とつっこみたくなる事しばしば。
サクサクと勧めたい私にはかなりのストレス。
仕事がしにくくなりました…ふらふら
posted by earlgray at 13:31 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年03月01日

高齢者とインテリア

昨年より父の症状が微妙になりました。痴呆の境目位なので、逆に扱いが大変。

ようやく、デイサービスに行くことを了承したのですが、そこで心筋梗塞を起こし入院。
入院中も嵐でしたが退院後はさらに輪をかけて…がく〜(落胆した顔)
介護は個体差があるので、当事者にならないとわからないことだらけですね。

そして思ったのは高齢者のインテリアの難しさ。
もともと断舎利生活をしていたのならともかく、一般の高齢者は物が多い。
実家も例にもれずで、モノが溢れています。
(断舎利派の私にはかなりのストレス)
しかもあるべき場所にあるべきものがないことが多々。業を煮やして片づけると、今度は本人が使えません。
結局現役の時の記憶が一番で、その後の記憶は忘れてしまうようです。

例えば下着。父が使いやすいように洗面所に箪笥を置き、そこに収納していました。その当時は覚えていたはずなのに、症状が出てくるとその場所を忘れ、以前あった箪笥の場所に行き、そこを探す。ないとなると下着を変えない。ふらふら
気づいて仕方なく元に戻しましたが、そんなわけでお片付けは無理。80代で覚え使っていた携帯も、もう使えません。記憶の有効期限は60までかしら?

インテリアは基本整理整頓。居心地良く、美しく、シンプルに暮らしたいと思っている自分も年を重ねたらこうなる?と思ったら恐ろしいバッド(下向き矢印)
せめて思考のはっきりしているうちに段取りをして、習慣を作っておかないといけないですね。



posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | インテリア考