2018年10月25日

マンションという名の公団住宅

私の知る範囲では、という枕が付きますが
最近のマンションは、昭和から考えると格段の差。
モデルルームひとつとってもお金の掛け方が違います。
設備や内装材も良くなっているからインテリアも立派。

でもよーく考えると、未だに公団住宅。
公団が悪いと言っているのではなく、見かけ立派なモデルで高級住宅風に見せているのが嫌ちっ(怒った顔)

理由は間取り。
スペシャルな住戸は別として、一番多い中住戸と言われる部屋の間取りは
殆どの場合玄関廊下を中心に両サイドに居室、そして南面2室という間取り。
なんか芸がない。
階ごとの共通性は必要でしょうが、中住戸という括りをやめてもっとバリエーションのある設計が出来ないのかしら?

例えば玄関の貧弱さ。すぐ廊下につながるので部屋として成立していない。
玄関も部屋と考えれば、ある意味風除室の体を成すので外部の風も防げるし、何より居室に落ち着きがでます。玄関からすべてが見えるという事に抵抗がないのでしょうか?

居室も南面2室と3室を混在させてもいいと思うのですが、殆ど2室。
だから細長い間取りになる。住戸の数をとる事に中心を置いている。

結局効率だけを考えて、住む人の立場になっていません。
ファッションでいえばこのサイズに合わせた体になりなさい、と言っているような物。

マンション販売には波があって、売れる時期と売れない時期が交互に繰り返しているのを見てきました。
当地の近々でいえば、震災前は売れないで困っていた時期。
震災後需要が増え、一時は中古でさえ売れていたけど、最近の新築は余剰で売れていません。

結局は棟内モデルを作り、最後にはモデル家具付きなどで販売を始める…
その繰り返しを見てきた身としては、他に考えることあるだろうと思うのですが。

長くマンションに携わってきた立場から言えば、最近のマンションモデルは
豪華さだけを売りにして、住まう意味をパーティ感覚にしています。
なんだかなぁ…です。
だいたいそのような部屋を購入しても、殆どの人の部屋はモデルルームのような生活とは無縁。
残念マークがあちこちにつきます。
まぁ、購入に手いっぱいでインテリアに掛ける予算もないのと、暮らしの美意識が低いせい?

自分が購入時はまず場所と間取り。(もちろん価格も)
ファミリー層が多い郊外は将来の価値がないので中心部。
(とはいえ街中過ぎるとうるさいので程々の場所に)
2室縦長間取りは嫌なので、南面3室。
(結局南面3室を手に入れ、入居前の改装で南面2室にしましたけど)
住戸数が多いと管理組合も大変なので住戸が少ない事
(少ないために管理費が上がるデメリットもあるのは覚悟)

まぁその他にもいろいろ検討した条件はあるのですが、モデルルームは1回も見ずに購入しました。
仕事柄、想像がつくし最初からリフォームを考えていたからです。
内装も基準とは変えています。
(マンションに多い量産クロスは強度が低いし、色も無難な白が中心なのでパス)

そんなこんなも長年培われた経験と知識があればこそ。
売る主には嫌がられますが、マンションを購入する方に的確なアドバイスをする
機会や方法があれば、合った物件探しをお手伝いできるのに…
残念です。




posted by earlgray at 11:07 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年10月17日

頭の中が?

依頼されたセミナーに必要な資料が英文 ふらふら
渡されたのは30枚以上なので、それを1枚ずつ訳しています。
気が遠くなりそう…
でもそれを読み解かないと仕事にならないのでかなり必死。

そんな合間に、実家に柿取りに行きました。わーい(嬉しい顔)

2018-10-16 17.20.33.jpg

今年は例年より実が小さいみたいだけど、友人と二人で100個近くゲットです。
上の方は手が届かないし、鳥たちへのご馳走に残してます。
友人は脚立でもっと取りましょうというけれど、手入れもしないで頂くばかりなのですから
その辺で…

収穫したら気分転換に皮をむいての干し柿づくり。
これもしんどいけど、恒例行事になりつつあります。るんるん


posted by earlgray at 10:52 | TrackBack(0) | おシゴト日記

2018年10月09日

研修旅行

今年もテフィカの研修旅行の季節でした。

今回は青森八戸中心。参加は7名。
最初に十和田現代美術館へ…
こちらは震災後一人で行ってますが、何度行っても感動する場所。
メンバーと見るとまた違う感動もある。
私のお気に入りは下記2作品。
DSC_0323a.jpg

DSC_0330.jpg


最初の作品は初めに目にする作品ですが、存在感とリアルさに圧倒されます。
太った家は震災後見て、家というものを考えさせられた作品。
何度見てもいいです。


インテリアのメンバーなので、その後は今上にある安藤忠雄さんの図書館に行き
八戸戻り。そしてメンバーの経営するインテリアショップに伺い、みんなでいいね!
女子はいくつになっても可愛いものが好きるんるん

ホテルチェックインの後は市内の建物見学。

DSC_0332.JPG

写真は新しくできた広場。
反対もあったそうですが今はすっかり馴染んでみえます。
イベント開催もあり、バスの待合も兼ねている通路の広場。
冷暖無しなので、今年の冬がどうでしょう?でしたが、街のあり方の一つかなぁ。

IMG_20181005_194707.jpg


こちらは時を知らせる歯打ちをするオブジェ。
三々七拍子を獅子がするのは結構笑えて受けましたわーい(嬉しい顔)

行きたかった縄文館にも行きました。
国宝の目玉はフランスに貸出し中なので、残念ながらレプリカでしたがいい感じ。
高さは20p弱位。でも存在感有。

IMG_20181004_131330.jpg

縄文土器が漆で赤く塗られていた事も初めて知る、貴重な経験。

そんなこんなで他にも周り、かなり有意義な旅行になりました。ぴかぴか(新しい)

夜はちょうちんブルマーで盛り上がる大人女子会、いいメンバーに恵まれたなぁるんるん

posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | おシゴト日記

2018年10月02日

法要で

叔母がなくなり、父の実家のお寺でお別れ会。
祖父母や叔父が眠る東京、世田谷のお寺です。

こちらは本来、両親や私も入る墓なのですが、母が仙台に買い求めた墓地も
あります。
今後の事を考えるとそこを引き払ってみんなで入ろうと、甥が言ってくれました。
まぁ、ありがたい。
どのみち父が死んだら墓じまいを検討していたので、渡りに船の心境です。

それにしてもお墓問題を考えるとは夢にも思っていなかった…
インテリアの私としては墓のデザインにも一言あるのですが、まぁ仕方ない、
と諦めの心境。

救いは天台宗のその寺の住職様のお言葉が素敵だった事。
お寺の気配りも行き届き、綺麗なお寺でした。母の実家の横柄な住職とは大違い。

最近は仏壇一つにしてもインテリアに特化したものが出てますが、有難味には欠けるような…
私自身も仏壇や神棚はインテリアに適したデザインで仕事をしてきましたが、
果たしてよかったのかなぁ…

でも最近目にした仏壇に、アートになっていた物がありました。るんるん
壁のコーナーを利用して、森の御社のようでもあり、アートでもあり、のような…
なんか素敵でした。方向性はこちらかなぁ。

身近な問題になって色々考えさせられるこの頃です。

posted by earlgray at 13:19 | TrackBack(0) | プライベート