2016年10月10日

女子大生?!

作品作りの影響で、本格的に勉強をしたくなりました。

青山で習っている墨彩画は物足りなくなってきたので、重い腰を上げ
山形の大学で日本画の授業を受けることにしたのです。

なんと女子大生?!
友人たちには笑われてますわーい(嬉しい顔)

ちょうど車で1時間、高速を使って通ってます。週一なので仕事の合間で大丈夫。

1回目は材料の説明と使い方から。
先生2人に生徒7人という贅沢授業で、礬水引きとか膠とか、知らない事ばかりが新鮮です。

事前に和紙を用意してくること、と言われ持っていきましたが違ったみたいで使うのは雲肌麻紙。
使う人が少ないせいかお取り寄せ商品。慌ててネットで注文。
刷毛も適当に持っていったら不可。こちらもネットで探しましたが結構お高い。万単位!
日本画って材料代が凄いのですね。これも授業を受けて初めてわかることの一つです。

2回目は和紙のパネルへの水張が中心。昔美術の時間にやったような…
なので、これは軽くクリア!(でも、均一に水を張るって結構難しい。上から見て良くっても、
横から見るとあら、水たまり?があるから要注意なの。)

ただ、下絵がなかなか決まらない。他の方は植物とか人物に取り組んでいますが
写実が好きじゃない自分としては、題材に苦慮しています。
3回目は和紙パネルの下塗りと下絵の完成なのでそれまでには決めないと間に合いません。
焦るなぁ。もうやだ〜(悲しい顔)

今回は後期からなので年末まで。来年は春から前期です。

そして、一通り作品まで仕上げられたら、次は銅版画の授業を狙っています。
別に作家になろうというわけではないので、それぞれの作品を作る時の道具と手順を覚えたい。
渡り鳥生徒?

いずれにせよしばらくは週末、山形通いが続きます。




posted by earlgray at 21:12 | TrackBack(0) | プライベート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177124807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック