2017年04月23日

桜の夜会

あまり食べ物のことは書きたくないのだけど、先日予約が取れない店に行ってきました。
そこの常連の友人が半年前から予約してくれていたので、話の種にと…
40代から80台までの6名での女子会です。わーい(嬉しい顔)
一人はわざわざ京都からお越しの老婦人。
なんとご主人には、大叔母がなくなったので葬式に出ると言ってきたとか!
80代の方の大叔母様はおいくつなんでしょう?
他は出版社の編集者二人と色彩学校のオーナー、薬膳食のアトリエを主催している友人。
皆さん話題には事欠かないひとばかり。おしゃべりも弾みます。

メニュー表は手作りの切り絵。

2017-04-22 21.24.46.jpg


さっそく出た料理はテーマが桜。
パン生地の細い枝に馬肉が巻きつきごつごつした枝みたい。合わせた本物の桜にまじって
春らしい。添えたオリーブも実のようです。かつ美味しい。
いつもはお行儀が悪いので写真は撮らないのだけど、思わず撮ってしまいました。

2017-04-22 18.40.46.jpg

その後は次々と五感に訴える料理。お味も美味しく盛りだくさんです。
桜エビのリゾットはお変わりが欲しくなるし、香りを閉じ込めた器を開ければ森の香り。
蓮華にのった水風船のような食べ物は口の中で弾けます。
一皿ごとに歓声です。


予約の取れない店は一度行って満足、のパターンがほとんどですが、また行きたくなるのは稀有。
(ここの料理はストーリーと仕掛けがついているので、次回への期待感がでます。)
それで帰りがけに予約を入れて帰る方が殆どなので、ますます予約が難しい店名なのでしょう
まぁ、難点はワイン入れたら一人2万弱!7時からの予約だけで、入れ替えはないので
仕方ないのでしょうね。20名も入ればいっぱいだし…
だから、お店としてはご近所の方を優先にすると言ってました。
普段リピートで来てくださるお客様が大事なんでしょうね。でも東京だからできる事かなぁ。
(ご近所といってもお金のある方が多い場所だし…)

自分にとっては新幹線代とホテル代を足したらかなりの贅沢。
だから、年に2回くらいしか無理もうやだ〜(悲しい顔)
それでもいい経験になりました。
そして、せっかくなので帰り足で盆栽美術館にも寄ってきました。
樹齢400年近くの盆栽には脱帽。植物の力は凄いですね。動物の寿命なんてもうやだ〜(悲しい顔)
盆栽の見方もわかり、こちらもいい経験。
下から見上げた時の枝張の美しさ。もう宇宙感いっぱい。
やっぱり行かないと、見ないと、わからないものです。るんるん


posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | プライベート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179564142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック