2018年06月09日

未来予想図

休日も施主とランチ。
今回はベトナム料理をいただきながらビール

所有の賃貸マンションを5年以内に高齢者向けに改装したい、の意向を
お持ちの方です。
入居者1号になるかも、と言ったら管理人いかが?
と言われてしましました。わーい(嬉しい顔)

う〜ん、迷うところですね。
世話になるより世話する方ではいつまでたっても楽になれなさそう…
物断舎利から家断舎利が必要とは思い始めているけど、モデルケースの先輩がいないから、試行錯誤の私たち世代には悩ましい限りです。

最近はマンション購入を相談される60代のお客様には、もう少し我慢してサービス付高齢者マンションはいかが?とお勧めしているのも、介護してわかる現実があったからこそ。
家に縛られ、施設に馴染めない高齢者も切ない…
しかもインテリアは保育園。施設に馴染めるはずもない…

自分の寿命や健康、痴呆度がわからない上での計画はまるでギャンブル。
はたして勝つのは誰?
posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | おシゴト日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183414137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック