2019年07月31日

家具は財産?消耗品?

敢えて、合皮レザー張にした長椅子。
3年もたたないうちに、座面生地が硬化し、ひび割れexclamation&question
ちゃんとした椅子張りメーカーの生地なのに…

長持ちしないことは覚悟の上だったけど、せめて8年はもつだろうと思っていました。
再度カタログを見たらこの生地ははずされていたので、他にもクレームがあったのね、
と察しがつきます。
なんか、ババを引いたみたい。ふらふら

悩ましいのは、張替は高額になるので同じ椅子を買った方がいいという現実。
仕事でも、張替が出来る家具という事でお勧めすることがありますが、
果たして正解なのか?材料や工賃もさる事ながら、搬入搬出等運送費用が結構高いから
結局お客様の懐具合とインテリアに対する意識で判断していますが・・・

大事にする家具は欧米では収納よりも椅子などの人体系、日本では箪笥などの収納系が
多い気がします。
代々受け継いできた家具というのはもちろん素敵。
でもある意味物への執着。これもどうなんでしょう?結局思い出に固執?
潔く全て消耗品と考えたほうがいいのかしら。

仕事ではインテリアをエレガント、ナチュラルなんて言ってお勧めしているけど、
本心は光りと影、素材の美しさがデザインされた物の少ない空間が一番好きです。
家具や物は出来る限り少なくしたい。(でも簡単ではない現実…)

そういえば何回か、建築家のセミナーを聴講したり手がけた写真を見る機会がありました。
彼らの手掛ける空間はスッキリして気持ちがいい。最低限の家具、素材の力とデザインで見せる
インテリア。作品です。
とはいえ自分的には写真で見るその空間は素敵だけれど、生活が入った時にもこのまま? 
の疑問もあり。
生活は購入と消費の繰り返し。知らずと物は溜まるし、自分は良くても同居家族は違ったりして
思うようにはいかないのが現実。

特に断舎利が難しい大型家具は悩ましい・・・

長椅子はとりあえず、座面にレザーをパッチワークのように貼ってごまかしました。
上に布をかける方法もありますが、あれはすぐ崩れてだらしなく見えるのが難。バッド(下向き矢印)

IMG_20190731_103954.jpg

もっと全体に張ればよかったかしら? 水玉の椅子になるかもわーい(嬉しい顔)




posted by earlgray at 20:35 | TrackBack(0) | インテリア考
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183433456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック