2018年11月02日

情報分析

お付き合いで、メーカーのプレゼンに行きました。
釈迦に説法みたいな内容で、新鮮さはなかったけど面材に興味が…
今までのメラミンの欠点を超えた商品。
単体で販売して欲しい位ですが、その会社の商品にしか使わない、という事で
非常に残念。

最近のメラミン板系は表情もリアルで強度もそれなりですが、天板で使った時に
熱いものを置くと白い跡が付くのが嫌ちっ(怒った顔)
メラミン消しゴムで擦ってから、塗料ペンなどで補修するのですがそれなり。
いまだにこれ?って思っていたところだったので、これを使えば問題解決!
と喜んだのに…残念。
他社でも開発できるでしょうから、頑張ってくれないかなぁ。

公団型間取りから未だに抜け切れないマンションの設計
いつまでも従来の販売方法をしているデベロッパー
いまだに欠点が続く内装材、あげればきりがない。
結局、建築業界って他の分野に比べると発展が遅いのでは?
と思ってしまいます。

気になるのは今回のセミナーもですが、最近の情報分析がインスタや
フェイスブックに頼っている事。
日本人全員、若い人全員がやっているわけじゃないのに、今の状況はこうですよ
と結論付けているのが恐ろしい。
自分も訳あってやらないし、周囲の若い人でもやらない人は沢山います。
なのに、それらをもとに世のなかはこうですよと、言い切るのはいかがなものか…

プレゼンでも今の方はホームパーティを楽しみ、人に見せたい料理をし
男も料理する。そしてそれをSNSで発信している現状。
だからこれからはこの提案をと、言い切ります。

だから何?なんですけどね。

そういう人もいるでしょう。
だけど声をあげない人も半分いるはず。

だいたいよそのお宅にお邪魔して、スッキリきれいにしているところの
少ないことふらふら
そこにオープンキッチンやキッチンと隣接して食事なんて、恐ろしい。

どちらかと言えば生活感は嫌いで、すっきり生活をしている自分が言うのもですが殆どの人の生活には生活臭があります。料理嫌いや片付けの苦手な人もいる。
掃除に関しても、ほこりや汚れは気になるけど物が多いのは気にならない人も
物は片付いてないと嫌だけど、ほこりは気にならない、人もいます。
(だから収納もそうですが、性格にあった提案が大事)
ペットと暮らす自分もほこりには目をつぶりがち…
わかってはいるのですけどね。
(そういえば、先日剥がせる塗料を見ました。画期的!これをサッシの溝に塗っておけば、汚れたら剥がす、で掃除が楽になるかも。)

人は多様なので、その人その家庭に合った選択が一番必要で、情報分析も
発信したい人より発信しない人にも注意を向けての分析が、必要と考えるこの頃です。

ちなみに自分の情報分析は、まずその場所を知るために歩く、眺める、場所限定の情報を集める、から始まり、だんだん範囲を広くして行きます。
同時に他との差も洗い出すから、まぁ時間のかかる事…
そんなにしているとは誰も思わないのですけどね。多分自己満足でしょうバッド(下向き矢印)
でも、だからこそ自信を持って提案出来ます。るんるん
posted by earlgray at 10:58 | TrackBack(0) | インテリア考
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184776200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック