2019年03月09日

箒に続くアナログ漬け?

毎日のご飯炊きで使うのはもっぱら鍋。ご飯専用の小ぶりな土鍋。

ご飯は出来たてが美味しいのは周知の事。だからいつも食べる分だけを炊きます。
以前は炊飯器で多めに炊いて冷凍しておいたのですが、やはり美味しくない。
そこで探しに探し。
国産から輸入物まで、色々ありました。
フランス製の鋳物はおしゃれでいいのだけど、何しろ重い。値段も万単位。
南部鉄は鉄分補給にもなるけどやはり重いし、錆のお手入れが大変そう。
何とか焼の土鍋は結構中国産が多いし、デザイン的に嫌。ちっ(怒った顔)

1合から焚け、テーブルにおいても美しく、おひつ代わりにもなるもの。
出来れば国産で値段も手ごろ、手入れも楽。
要望は多いのです。

その甲斐あって見つけましたわーい(嬉しい顔)
127260776_o11_3L.jpg

土鍋でご飯は以外と簡単。
3つ口コンロの一番奥の小さなやつで中火で6分。その後火を止めて10分蒸らせばいいだけ。
時間を図らなくても炊き上がってきたときには匂いでわかります。
少し香ばしい匂いになってきたらガスの止め時です。
小コンロの使い道発見!だけど、今頃とは遅いですね。
だいたいコンロは3つ口必要?と常々思っていました。3口全てを使って料理しているのはあまり見たことありません。なので次回のキッチン改装では2口にしようかと思っていた位でしたが、この方法にしてからやっと3つ口のありがたさがわかりました。るんるん

もともと土鍋が好きです。
余熱料理が出来るからスープや煮物、カレーやシチューにも使っています。
価格も手頃だし、手入れも楽。落して壊すことだけがマイナスかしら?
まぁ、気を付ければ滅多にないことですが…

なので大勢用の土鍋1点と、煮物シチュー用の中土鍋1点、ご飯専用の物1点。
それにガラス鍋とフライパン1点が私の調理器。

以前持っていた中華鍋やアルミ鍋はすっかり処分してしまいました。
炊飯器も処分したいのですが、スポンジケーキを作る時に便利なのでかろうじて居残りです。
これも断舎利なのかしら?

それにしてもアナログは偉大です。
posted by earlgray at 11:38 | TrackBack(0) | インテリア考
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185659658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック