2019年09月06日

これから

9月になったけど、まだ暑い…

昨夜は旧知の施主のご自宅でご飯を頂きました。
30代前半の若輩自分に、億近い自宅の新築を依頼されたドクターです。
奥様の美味しい手料理を頂きながら当時の思い出話に花が咲きました。
先生と二人水沢まで行き、鋳物工場で造作座卓の打合せをしたこと、旧宅にあった蔵で催しをしたこと、風呂敷きで作ったタペストリーもいまだ健在です。
お二人も自分も気持ちは当時のままですが、学生だった御嬢さんが今は3人の母。
そりゃ年も取りますふらふら

コンクリート打ち放しで作ったその家は風格が出ていい感じ。

ただ当時よりは物が増えています。自分的にはお片付けしたいです。

当初はこんな感じ。ジャズと骨董が似合う空間が希望でした。

imai.jpg

今もこれと同じです。
これからの課題はこの広い家に二人で暮らすのはいつまででしょう?とその後の活用法。
この課題はお客様全員に言えます。
自分の小さな実家の家だってそうですから…

先日不動産屋に確認したら50〜100万の値付けがく〜(落胆した顔)
土地は120坪はあるのに、なんと!です。相続放棄するしかないかなぁ。
空家が沢山余っているのも、売れないからね。
皿地にすれば固定資産税が上がるからそれも出来ません。
この国はどうなってしまうのかしら?昨夜の話題もそれでした。




posted by earlgray at 16:18 | TrackBack(0) | インテリア考
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186523567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック