2019年12月10日

セーターの季節に


冬支度、しまいこんでいたセーター類を出しながら思った事。

収納プロの方は、セーターはロール状のたたみ方で引出しに入れると、
上から見てすぐわかるし収納量も増えます、と言う・・・

自分的には疑問。
確かに収納量は増えるしまい方ですが、セーター愛がない。
取り出したセーターは皆しわくちゃ。押し込まれたせいですね。
ニットはふわっとしまわないと、皺がついて貧乏くさくなる気がします。
第一着心地が悪い。
収納枚数よりも、ニットの数を減らし大事に着る方を選びたい。
セーターの基本は黒、グレー、ベージュの3色、それにネックがないものとあるもので、計6枚。
たまの気分転換用に、ビビットカラーやデザインの面白いものがあってもいい。
まぁ10枚あればワンシーズン大丈夫。
(Sジョブスさんは黒タートルだけなのでもっと少ない?わーい(嬉しい顔)
自分はもっと沢山あるけど、その代りブラウスやシャツ類がないので手(チョキ)

そして、クリーニングはなるべく出さない。
(どうも出すと風合いが変化するような…)
その分こまめにに汚れはチェックし、部分処理してブラッシング。
小さな汚れはシミ取りですが、最近クリーニング屋さんから聞いたのは
販売されているシミ取りは、ややもするとシミを広げる事になるので
ママレモンがいいと。
ママレモン!なんと懐かしい・・・ (これがわかる人、昭和かも)
調べたらまだ販売されています。さっそく注文。
まぁ、台所用洗剤なら何でもいいらしいのですが、ママレモンのネーミングが強烈で記憶に残っています。

考えてみれば、動物は一生毛皮(ウール)を着ているけどクリーニングなんてしない。なめて毛づくろいするだけ。
それでも家の猫は汚れもないし、臭くない。
天然ウール恐るべしパンチ

そして神器の一つ、毛玉取りも出番の季節。
色々試したけれど、電動が一番。100金でもあるようだけど、2000円前後のが一番です。

_20191208_131827.JPG

これがないと生きていけない位に、大事な一品ですわーい(嬉しい顔)



posted by earlgray at 10:20 | TrackBack(0) | インテリア考
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186804014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック