2016年07月12日

赤坂離宮

申し込んでいた、赤坂離宮の見学が許可されたので行きました。
受付までの長い事…見たい人大勢なのね。
スタッフにお聞きしたら、この前では空いていたのですが、ここにきて、でした。
夏休みも近いから、これからはもっと混みそうです。
暑い中1時間近くかかってやっと入館。
やはり豪華!見に来て良かった。

でも、ひとこと言いたい自分としては、ヨーロッパの宮殿等に行った時とは違和感あり。
建物のスケールが日本人から見たスケールで作っているので迫力がない?
それと宗教色がないから、威光感も少ない。
結局、模倣で作っているからでしょうか…
かしこくない自分の考えなので自信はないけど、コピーから生まれるものって本体は超えられないのですね。
西洋文化に迎合した建物より、日本を出した洋風建築の方がずっと素敵に感じるなぁ。

内部は写真不可ですが、庭園からは撮れました。DSC_1403.JPG


posted by earlgray at 10:49 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年06月29日

新幹線のインテリア

6月もあと少し…、というか明日で終わり!

来月半ばまで提案しなければいけない大きい案件もあり、ずっと休みなし。
他にも仕事があるし、東京でのボランティア仕事の打ち合わせで東京行もあるので
結構ボロボロ。
するはずだった家の庭の草むしりはずっとお預けです。
もう、お化け屋敷状態。気になるなぁ。

それでも嬉しいこともありました。
昨年に続き10年以上前のお客様が、覚えていてくださって<カーテンを変えたい>のご相談。
こういうのはとっても励みになるので、どんなに小さな仕事でもお引き受けグッド(上向き矢印)
終了して喜んで頂くと、忙しくても関われて良かったと、つくづく思います。

ところで行き帰りの新幹線で、気が付いたことありました。
通路の床が変わっているのです。きっと前からなのでしょうがちっとも気づかなかった。
DSC_1369.JPG

雪の結晶なんですね。

思い返せば、新幹線のインテリアもずいぶん変わりました。以前はカラフル、デザイン?どこに?
の感じでしたが、現在はシックになりカラーコーディネートもしっかり。
やはり、生活が向上するとデザインに目が向くのかな?
逆を言えば生活に追われているとデザインどころではないということですね。

となると仕事に追われてばかりいると、デザインにゆとりがなくなるのかなぁ。
せめて忙しくない振りをして、遊びも頑張ろうわーい(嬉しい顔)


posted by earlgray at 21:29 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年06月04日

イケア

先日施主のご要望で、イケアの商品を採用することになり、
実物を見に行ってきました。

イケアの店には幾度か行っていますが、そのたびに思うのはディスプレイの上手さ。
迷路のように通路を長くとり、初めにショールームで夢を与え
その後にマーケットに誘導して購買意欲を誘う。
客は何かしら購入してしまいますね。
自分もいつも乗せられて、何かしら買ってしまいます。
振り返るとなくてもよかったかなぁ〜、なんですけど。

インテリアのプロの知人たちは購入に躊躇するようですが、自分はありかなぁ。
俗な高級品を使用するより、デザインがいい安価商品をその時の気持ちで使う方法も
ありでしょう。
飽きたら変える事もこの金額なら惜しくないような気もします。
エコには反しますけどね。

頑張って購入した良品も、家族構成が変わったりインテリアの嗜好が年代で変化すれば
無用になってしまいます。
自分のように猫が主体の空間では、猫の被害にあいにくい家具を選択せざるを得ません。
結局いいものを長く愛用するか、その時の気分で買える廉価品を買うかは
その人の生活、生き方に通じるのですね。

こんな可愛い顔をして、カーペッにはげろを吐きに、革のソファには爪とぎにする悪童達がく〜(落胆した顔)

DSC_1338.JPG



愛情深い飼い主は、猫用のインテリアにせざるを得ません。もうやだ〜(悲しい顔)



posted by earlgray at 20:40 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年04月09日

花見こりごり

そろそろ桜も終わりですが、今年初めて花見をしました。
場所は西公園。
父が花見をしたいというので、友人夫婦を巻き込んで初めての桟敷席を体験。
これが最悪。
初めに案内された席は桜も見えず、宴会中のグループの傍。
席代一人1500円も払っている(当日は2000円)ので、他をお願いしましたが、こちらもう〜ん。
仕方なく席に着きましたが、ビニール越しの正面に見えるのは桜を囲んだ集団宴会客ばかり。
桟敷の床高も地面と同じだから、ブルーシートが赤絨毯に変わっただけで桟敷感ゼロ。
早々に切り上げました。
2016-04-09 20.02.46.jpg

結局桟敷席はテントの宴会場なんですね。仕切っている関係者に言いたい、過ぎ!ちっ(怒った顔)
桜の木も少ないと思ったら、聞けばこの桟敷席を作るために桜の一部を伐採したとか…
ばかみたい爆弾

空間作りを知らない人の考える事ね。席料を取る以上きちんと考えた欲しいものです。
伐採の代わりに木の下に木製のベンチを置いたり、雨よけなら、パーゴラ風にするとか
桜の季節以外にも有効利用できる施設にする方法もあるでしょうに。
頭使って欲しいですね〜。デザインのプロが入っていないと、こうなるいい例かも。


せっかくの桜気分がかなりバッド(下向き矢印)
怒りまくる私です。

住まい近くのいつもの桜のほうがやはり素敵!るんるん

2016-04-08 17.19.25.jpg

口直しついでに、角館の桜でも見に行こうかしら?
posted by earlgray at 13:39 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年04月01日

作品完成

月1で制作のお約束だった3番目が完成!仕事の合間なので結構大変。
額をお願いしている店に持参すると、オーナーがいいねぇ!の一言。
プロに言われると、なんかグッド(上向き矢印)
早速ネームを入れて展示場所に持参。先日の作品と並べて飾る。

2016-03-24 12.44.03-1.jpg

今回のほうがいいかなぁ…たらーっ(汗)

来月は、全然別のスタイルを考えているので、先日オープンしたばかりの東急ハンズ仙台に
お目当ての材料を探しに行ったけどない!
欲しかったのはパンチング板。目で見て、触れて確認したかったのですけどね。
ネット購入しかないかしら?

なんちゃって作家の道も険しいふらふら

ちょうど仙台で、30年来の知人の作家が個展をなさっていたので、ご挨拶に行きました。
彼は木彫刻が専門。
気の遠くなるような作業の作品を見ていると、自分なんかは足もとにも及びません。
作品価格も20〜500万!プロは凄い!

2016-04-01 17.26.11-1.jpg






posted by earlgray at 11:05 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年03月14日

本当に技術は発展?

東京プリンスホテル、今年最後の宿泊です。4月から1年をかけて、改装に入るらしい。
嬉しいような、悲しいような…

勉強の為に高級ホテルにも宿泊しますが、一番好きなのはここでした。
震災の時は、5月に1週間滞在していました。この時にはご厚意で、宿泊費を半額にしていただきました。
そんな親切への感謝もありますが、一番は部屋の心地良さ。
部屋は広すぎても落ち着かないし、狭すぎは息苦しい。

このホテルの部屋は、広さは10畳弱でベッドはクィーンサイズ。
何より廊下とのドアの間にガラリドアがついているので、部屋の落ち着き感が違います。
天井照明はオリジナルデザインのシーリング1灯だけ。ちゃんとベッドを外した位置についています。
2016-03-14 10.24.14.jpg

確かに設備は50年の歴史を感じますが、きちんと設計された部屋は時代を過ぎても古臭くありません。
かえって味になっています。
最近流行のデザインホテルの50年後は目も当てられないだろうけど、ここにはそれがありません。

敷地も広いので、車は平面駐車だし何より東京タワーが目の前!
御成門の駅も地下鉄乗り継ぎに結構便利。
フロントのスタッフもよかったです。

そんな便利ホテルだったのに、来年はどう生まれ変わるのでしょう?
今どきのありがちだったらいやだなぁ…

ついでに30年ぶりに東京タワーにも行きました。
桜のマッピングをしているというので興味深々でした。
感想はいまひとつ。なんか安っぽいのですよね〜。
ニュースや写真で見るときれいなマッピングもそばで見ると微妙。
機械のグレードにもよるのでしょうか?
展望台のスタジオでやっていたライブのほうが面白かったわ。

それにしてもタワーの構造梁、結構細い事に驚き!リベットの美しさにも感激。
もうこんな技術ができる職人のいないとか…
昭和は遠いですね〜もうやだ〜(悲しい顔)





posted by earlgray at 17:04 | TrackBack(0) | インテリア考

2016年01月14日

謹賀新年も過ぎ…

正月は例年通り、父、友人達と過ごす日々。
他人の年寄には優しく出来るけど、自身の親にはどうしても感情が入るので
優しくばかりは難しい。しかも父親というものは娘は守るものと決めているので
まぁ、言う事の聴かない事甚だしい限り。
そんな訳で友人たちが父に優しく接してくれるので、父も私も穏やかに過ごせました。わーい(嬉しい顔)
友人たちに感謝!

それにしても、短くなったとはいえ正月は退屈。早々に仕事が始まってなんと嬉しい事かるんるん
昨日は東京でアートの勉強をしていました。
講義は午後からでしたけど、午前中昨年のお客様と10時にアポをとったのでなんと5時起き!
死にそうに頑張りました。

仕事後は友人とランチしてから会場へ。授業はいつも発見があるので面白いけど
今回のメインは寺田倉庫の見学です。顧客じゃないとなかなか見る事の出来ない場所まで
見せていただきました。さすが東京はお金持ちのレベルが違うのね〜。改めてしみじみ…
中でも気にいったのは、天井の構造兼のスチールが、矢羽模様に加工してあったり
高い天井の見えないかもしれない場所にスワロのビーズがつけてある事、等々。
倉庫にデザインあり!? こんな遊びを容認するオーナーに興味津々です。

終了後他の人たちはビール TYHARBORだから行きたかったわ。夜景時分で素敵。
後ろ髪をひかれながらも、我が家の猫が待っているので早々に帰宅。
どうせ来週も3日ほどの滞在が控えているし、抗議の途中に明日打合せの連絡も入ってます。
戻っての資料作りが待っている。がく〜(落胆した顔)

楽あれば苦あり、まさにそれの連続!

それにしても猫達猫
事務所猫になった途端、来る客すべてに愛想がいい。
テーブル席はテーブルに乗って動かないので、ソファ席に案内したら
客の両脇に寄り添って、まさに両手に猫状態。
脚にもスリスリ匂い付するので、お帰りにはコロコロで毛の撤去が私の仕事になりましたふらふら

犬は飼い主に似ると言うけど、猫は飼い主に似るのかしらね〜?







posted by earlgray at 12:57 | TrackBack(0) | インテリア考

2015年11月30日

若い家族の家


仕事が終わった東京のお宅です。

DSC_0967.JPG

窓と家具だけの仕事でしたが、赤がお好きでしたのでモダンな感じに。
小物がないのでまだ微妙ですが、フロアスタンドや観葉植物、
クッション等を配することでインテリアが完成します。
もっと素敵になるでしょう。

それにしても、土地付で7千万の家とか…
やっぱり高いですね〜。がく〜(落胆した顔)
もちろん狭いので、家具も吊り上げて搬入です。まぁ東北では経験できないですね。

でも都内に戸建を作れるなんて、うらやましい〜。
自分はマンション派だけど、戸建もいいなぁ。るんるんいずれにせよそんな資金はないですけどね。

仕事以外の最近の私は、家の庭の柿が大豊作で、週末は柿取りと柿剝きに追われています。
それでも1週間程干した柿の美味しい事!おすそ分けしまくっています。 

posted by earlgray at 14:34 | TrackBack(0) | インテリア考

2015年11月11日

マットレス

最近はベッドで寝る方が多いですね。仕事のご家庭では100パーセント。
そこで問題になるのはマットレスの選び方。

自分を振り返っても苦労の連続。
初めに買ったベッドのマットレスは、メンテナンスが大変でした。
マットレスはたまにひっくり返して、へたりを分散させた方がいいのですが結構重労働。
ハンドルが付いているものもありますが、苦戦すること甚だしい。
一人でもセミダブルなので、汗だくで作業していました。
ヘタするとマットレスの下敷きになりそうがく〜(落胆した顔)な位。

しかも、ヘタってきた時には交換が必要なのですが処分も大変。
新規購入で無料引取りもありますが、自分で処分となると粗大ごみとして自分で運ばないとなりません。

自分がマットレスを選ぶ条件としては
処分が楽、重くない、もしくは裏返し用に取っ手がついている、寝心地があっている。
以上でしょうか。
が構造も種類もあり、値段もピンきり。判断が付きかねます。
優先順位は当然寝心地。構造の問題ですね。
一般的なコイル式の他、高反発、低反発、色々。
そういえば以前、体にいいという事でウォーターベッドもありましたね。
購入されたお客様もいますが、かなりの重量でした。今ではあまり聞きませんね。
時代の流行もあるようです。
結局コイル式は処分が大変なので、低反発のマットを検討しましたが気温に左右されるとか、
固くなるので、2〜3年で交換時期等の話を聞きました。(真意のほどはわかりません)
それで口コミも含めいろいろ調べ、高反発のマットレスを購入してみました。
結果は×。問題は体重です。
触れ込みでは耐圧分布に優れ、快適!でした。3キロの重りが適度に沈むデータも載っています。
口コミでも高評価。
でも体重49キロ前後の自分が寝ると、硬い床に寝ているのと同じ状況…
マットレスに立ち上がると適度に沈むけど、横になると軽い体重では沈まない。
フカフカが好みの自分には会いません。
結局、一点集中の荷重と分散荷重の問題?体重がある方にはいいのでしょうか。

一日の三分の一は使うマットレスなので、体に合ったものを選び
快適な睡眠を得たいもの。結局、寝てみての購入しかないようです。

それにしても先日終了した物件のお客様。
選んで差し上げたマットレス、快適です。との事でした。
なのにどうして、自分に合うのを見つけられないのかなぁ…





posted by earlgray at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年11月06日

人生の必需品


人生の必需品はいろいろありますが、他の人は何なのでしょう?
私にとっては読書と音楽と、インテリア。
いずれも心地よく暮らすツールです。

インテリアは何とか過ごし良く出来ているのでまぁセーフ。
(金に糸目をつけないなら、したい事はもっとあるけど…)

残念なのは音楽や本。生きているうちにすべてを見る、聴くが出来ない。
知らない素敵な曲や、感動する本、沢山あるだろうなぁ。
しかも本は老眼が進んだ為、寝ながらの読書が辛くなり
読み直すつもりだったファーブル昆虫記も村上春樹の新作も
埃をかぶったまま状態。
それでとうとう電子ブックを購入しました。感想は、GOOD!
本の数が少ない事やタブレットより操作性が劣る事は難点ですが
活字は見やすいし、なんといっても軽い!減っていた読書量も復活です。
なので本はネット購入になったけど、でも本屋さんにはいきます。
なんといっても立ち読みで本を探す楽しみは大きい。

音楽に関しては、生活の中に溶け込んでいますけどそれでもまだ聞き足りない気がします。
昨年のお気に入りはOILA。
冬にアラジンのコマーシャルに使われていたので、ご存知の方もいるでしょう。
考えてみたら好きな音楽は、ハスキー、ミステリアス、アンニュイ、ドラマチック。
この要素がある曲ばかりです。本にしても同じかな。
なんか自分の人生のキーワードです。
結局、必需品って自分が見えてくるものですね。

皆さんの必需品、なんでしょう?


posted by earlgray at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年10月22日

京都で

忙しい中だけど、以前から計画していた京都、行ってきました。
今回の目的はガラスの茶室と青蓮院の襖絵。桂離宮。
全部見られて大満足!
アートしている襖絵はアクリル絵の具で描かれているので、色も鮮やか。
2015-10-20 10.49.44.jpg

色違いもあり、見ごたえ十分!

ガラスの茶室は京都市内を一望できる場所にあり、紅葉前で人も少なくこちらも満足。
透明なだけに、周りすべてが借景。夜空も素敵でしょうね。期間によってはライトアップもあり。

2015-10-20 11.57.58.jpg

傍に設置してあるガラスベンチのひんやり感が半端なく気持ちいい。

最後は桂離宮。日本人なら一度は見ておかなければと、半年前に予約を取ってやっとです。
外国人を含め50人程で回りましたが、やはり見てよかったグッド(上向き矢印)
遠近法や人の心理、自然の摂理を考えた構成を見ると。建築はこの時代にもう完成していたような気がする。
現在はテクノロジーが進んだだけで、基本は昔の儘?
もしかすると今はテクノロジーに頼り過ぎているだけで、この時代の方が良かったかも、
なんて思ってしまう。
先日の枕草子といい、人の基本は変わらないものと、つくづく思うこの頃です。


茶室で見つけた襖の引手、矢の形がデザインしてあります。

2015-10-21 11.50.38.jpg

下まで長いデザインなので、バランスが絶妙。いいなぁ黒ハート


夜は知人お勧めのお店でミニ宴会。宿は全部で7室の隠れ家ホテル。
パーフェクトな京都旅行でありましたるんるん
posted by earlgray at 11:40 | TrackBack(0) | インテリア考

2015年08月21日

インテリア選び

窓装飾やクロスを選ぶ、簡単な事と思っていませんか?
多分、感性で選んでいると思っている方も多いのでしょう。
だからセンスがあれば誰でも選べると。

でも実際は、プロならかなり考えて選んでいる。右脳ではなく左脳を使っての選択です。
調べるカタログだって、半端じゃありません。最後には目が目

まず窓装飾なら、その窓に一番適切なスタイルを選ぶことから始まります。
窓装飾といっても、一般的にいうカーテンだけでは括れません。
ロールブラインド、シェード、ブラインド、ドレープカーテン、シアーカーテンパネルカーテン。
少し上げても色々な種類。しかもそれぞれが沢山のバリエーションと機能を持ちます。
その中での選択です。
例えば西日の強いの窓なら、左右開きではなく上下開口のスタイル?
操作性は覚えてもらえる家族なのか?
汚れに敏感な家庭なのか?
その部屋の用途は何?
窓の外からの視線は?
まぁ、挙げたらきりがない位沢山の要素を検討します。
そのうえで、部屋のイメージに合う色柄なのか?
他の部屋とのバランスはどうか?
外部からはどのように見えるか?
単純な、ドレープとレースの組み合わせにしても、どちらを室内側にするか?
襞のとり方をどうするか?
パックの安い物だと1.5倍、専門店だと2倍とお決まりのようになっているけど
そう単純にも決められない。場合によっては襞なしだってあり。
まだまだ沢山ありますがそれらすべてを検討して選ぶプロと、感覚だけで選ぶことの違い
わかるでしょうか?
壁紙にしても同じです。
北側の寒い部屋に寒色を進める事はないし、おとなしく勉強させたい子供の部屋に
賑やかな暖色、柄クロスも選ばない。
のっぺりした部屋には奥行きを出す為に壁の一部の材料を変える。
等々、心理と錯覚も利用して選んでいるのです。もちろん機能性も考えています。

結果選んだものが同じ事もあるでしょう。が、その過程が違うのできちんと選択の説明が出来るのです。
後で問題が起きても対処のしようも違ってきます。

こんなに頭を使って、時間も沢山かけているとはお客様は思っていないでしょう。
餅は餅屋。昔の人はわかっていましたね。手(チョキ)

posted by earlgray at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年08月10日

ファッションとインテリア

久しぶりに映画、<アドバンスト・スタイル>を見ました。
友人から勧められていましたが6月東京で見逃し、仙台に来るのを待っていた映画。
内容はニューヨークの熟年マダムのオシャレのドギュメンタリー。
それぞれが自分の表現としてオシャレに励み、中には95歳のマダムもいます。がく〜(落胆した顔)
(このおばぁちゃん、なんと自分の髪の毛で付けまつげまで作ってしまう。もう脱帽。)
彼女達が話題になって以来、ファッション誌の表紙になったり、テレビのゲスト等、
マスコミでももてはやされている状況。写真本も出ています。
まぁ、高齢者がこんなに元気なのは嬉しい事かも。
(そこに、おじいさんがいないのはおかしい。動物はオスがめかしこむのにねわーい(嬉しい顔)

それにしても経験上ですが、インテリアに拘る人はファッションも素敵。
でも、ファッションに拘る人のインテリアは、素敵とは言い難い人が多い。
整理整頓が出来ないタイプも…
考えるに洋服は基本、プラスのベクトル。インテリアもプラスの方向に行くみたい。
この服にはこの帽子、このアクセサリーと、拘れば物は増えていくばかり。
完璧を目指せば目指すほど物は増えるから、当然収納は足りなくなり片付け不能に。
今回も殆どがこのプラスのファッション。トイレットペーパーの芯までブレスにしていた人もいました。
自分的には一人だけ素敵な人がいたけど、彼女はマイナスのファッション。だから自宅もすっきり。

そんな話を友人としていたら、テレビのリフォーム番組で素敵なインテリアになっても
その人が素敵なファッションでないのが多いのはなぜ?と言い出しました。

それはもちろん、人から与えられたインテリアだからだと思う、と答えました。
自分が参加していないインテリアでは、その人自身を表していない。

先日参加したセミナーでは、生活にアートを根付かせましょうのコンセプトがあったけど
その前に整理整頓をして欲しい家ばかり。
そういう家は疲れるので、あまり他人の家には行きたくない自分。

子供時代から整理整頓学を教えるべきですね。家庭ではもう無理なので学校の授業でかしら?
むしろ昭和の日本の方が片付いていた気がします。物がなかった、といえばそれまでですけど、
日本のマイナスのインテリアから、洋風のプラスのインテリアになった事も要因?
ヨーロッパのインテリアはプラスになっても、時代のスタイルが確立しているので
それなりに統一感があるのですけど、それがない日本は、ただバラバラに物があるのみ。

と言っても、モデルルームのような家が素敵とは思っていません。
あれはあれで居心地が悪い。生活感、住み手の表情がなさすぎです。
片付いていながらも、多少の雑然があり、個性がある空間が自分的には好き。
もちろん清潔感は第一前提。

こんなことが気になりすぎる自分なので、他人とは暮らせないなぁ…ふらふら


posted by earlgray at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年07月18日

トイレのタオル

個人のお宅では、マンションも戸建もトイレには必ずタオル掛け。
少し疑問。
家族とはいえ他人が使ったタオルは使いたくないし、毎日の洗濯も大変。
公共と同じように、ペーパータオルは? エコではないですけどね。
そこは考えないで、探してみると家庭用の素敵な商品は見かけない。
テッシュぺーパーを代用する方法もあるけど、使用感が…
それにやはり壁に取り付けたいし、使用後は便器の中に流したい。

先日、東北フリーランスコーディネーター協会主催のビジネス会議で、参加していたメーカーに
開発をお願いしましたが、どうでしょうね〜。

とりあえず、ネットで見つけた商品を付けてみました。
2015-07-14 13.49.29.jpg

デザイン的には今一つですね。
装飾すれば何とかなりそうだけど、テイストがエレガントやラブリーになりそうで好みじゃない。
シンプルで使いやすい商品をメーカーさんに期待しています!
皆さんはタオルok派ですか?

posted by earlgray at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年02月06日

玄関の隙間風

知り合いから、マンション玄関の隙間風対策を聞かれました。
そういえばうちもです。もうやだ〜(悲しい顔)
マンションは外廊下が多く、玄関、廊下が一体。
リビングのドアを開ければ、寒い廊下を移動してトイレや洗面室に行かざるをえない。
自宅で測ったら温度差12度!

本来マンションはは内廊下、そして玄関と廊下の間にはドアがあるのが理想ですが、
殆どのお宅が外廊下。冬は大変。
ネットで調べたら同じ思いをしている人は多い。
昨日も、久しぶりのお客様から仕事の依頼がありお邪魔したところ
こちらでも玄関に突っ張り棒でカーテンががく〜(落胆した顔)
やはり隙間風に悩まされ、冬場だけ付けているとか。
とりあえず色々実験。目標は工事不要でリーズナブルに、です。

ドアの周囲に隙間テープを張る。これで2度上がりました。
次は100円ショップで売っている突っ張り棒で布を使ってみました。
3度程効果はありましたが、やはり布はインテリア的に???
楽屋見たいです。
そこで布の代わりに透明ビニールの冷気対策カーテンを見つけ、2枚重ねてみました。
この方法では2度アップ!布より効果は下がるみたい。
でもよく観察すると、風の吹き込みようでビニールが揺れている。
角度で言えば30度程… 目でわかる、風の吹きこみです。
という事で、ドア下用の隙間ガードも購入し、取り付け。
気持ち揺れは少なくなりましたが、ドア自体が冷えているので温度差は微妙。
そこで防災用のアルミシートをマグネットでドアに張り付けてみました。
ビニールの揺れはなくなり、結果温度も上がりましたが、ここまでして温度差は6度!
まぁ、まぁ?
インテリア的には微妙ですね。

ドアの両脇にガイドレール付の、ハニカムスクリーンを付けるという方法もありますが、
5~6万かかります。結果たいしたことなかったらもったいないし、
本格的にドアを付ければ狭くなり、それもね、です。
総計2000円程度で済むのなら一冬の事だから、インテリアには
目をつぶるしかないのかしら?

今考えている事は、上り框近辺にパネルを建て、スライドの引き戸を付ける方法。
1枚は固定となるので一部狭くなりますが、インテリア的にはグッド(上向き矢印)
他には、ドア自体の断熱性を高め、内部ドア枠を工夫すれば、何とかとも
思うので、ドアに取り付け可能の断熱パネルがあればいいのに…
プチプチシートはあんまりですしねバッド(下向き矢印)

私の気にいっている本の著者、動物行動学者の日高先生。
彼の著書を読むと、好奇心と常識への疑問が沢山の発見、貢献をした事がわかります。
自分の仕事も常にそうありたいなぁ。
たかが隙間風、されど隙間風です。

しばらくは実験が続きます。ちっ(怒った顔)




posted by earlgray at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年01月15日

音のある暮らし

音楽もインテリアと思っています。
なので、生活にはオーディオプレーヤーが欠かせません。
自宅にはマランツのデザインの良いオーディオはあるけれど
一番出番が多いのはipod。ジャンルに合わせて3個あります。
パソコンには1800曲位入れてあるし、追加で購入する曲もあるので
その整理も大変。結構マニアックですね、私。

散歩や旅行にも音楽はお供しているのですが、問題はホテルの部屋。
イヤホンなしで聞きたい…
それで携帯のスピカーを購入しました。
2015-01-14 19.08.14-1.jpg
値段はなんと800円。
音質はそれなりですが、差し込むだけでいいので、お役立ちものです。
2015-01-14 19.09.09-1.jpg





posted by earlgray at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2015年01月03日

新年とはいえ

あけましておめでとうございます。
昨年もたくさんの方にお世話になり、本当にありがとうございました。
今年も皆様が、幸せに過ごせますようにお祈り申し上げます。

さて年末は26日夕方まで打合せがあり、事務所の掃除は27日。
その後自宅の掃除と実家の掃除に追われ、年賀状に取り掛かったのは
30日。すっかり遅くなってしまいました。

省エネで、年々お出しする方は仕事関連だけ、と少なくしているけど
それでも一仕事…ふらふら
出せなかった方にはこの場を借りてご挨拶いたしますね。
(まぁ他の方も同様らしく、いただく年賀状も少なくなりました。
手書きのコメントがある方だけにはご挨拶のお返事を出すのが恒例なので
松の内はその処理に追われそう。)

年賀状を終えた後は形だけの年越しを実家でし、早々にいつもの仲間と年越し飲み会。
そして迎えた元旦は、父持参で友人たちと新年会。
以上、いつもの事だけどただ食べているだけの正月は疲れるだけ。
飲み食いが続いたおかげで、体重もしっかり増えています。
早く仕事モードに戻りたい。グッド(上向き矢印)

それにしてもお正月、年々情緒がなくなっていますね。

街は、2日から普通に賑わっているし、晴れ着を着ている人も見かけません。
大体がお買い物の人。バーゲンが2日から始まっているから、家にじっとしている人が
少ないのかな。たぶん家に居てもつまらないせいもあるのかも。
もうバーゲンに興味にある年ではない私達だし、お気に入りの店はシークレットサービス
という事で、年末から優待価格にしてくれているので敢えてバーゲンに
足は運ばないから、ただお籠り状態。食べて飲むだけ。

元旦はすき焼き、その後もハンバーグやおでん等、正月らしい食事はゼロ。
今年もお餅は食べなかったし、元朝参りもしていません。
正月らしくしたのはインテリアだけかしら?さすがにこれは固執です。
これでいいのかしら?と反省しきり。
せめて明日は、着物でも着ようかなぁ…

ともあれ、
今年も皆様が穏やかな時間を過ごせたら、と願います。
posted by earlgray at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2014年12月14日

ミレー展

2014-12-06 18.18.04.jpg


展示の終わりが近づいていたので、慌てて美術館に行きました。
混雑を避けるために、夕方4時頃にしたのですが、びっくりがく〜(落胆した顔)
混んでいました〜。

最近はどこの展覧会に行っても、人が一杯なので東京は避け
地方狙いで夕方だったのですが、それでもね…

ミレーに関してはあまり興味がないのですが、本物のオーラは感じたい。

でもやはり、好みじゃなかったわ。唯一エッチングの方が好きかなぁ。
驚いたのはその持ち主が、殆ど日本人の個人蔵になっている事。なんと!

もう一つ気になったのは、額縁。
装飾的額としてはイタリア額、フランス額、スペイン額等それぞれ特徴があり
年代的にもスタイルがあります。
展示している額はどのような基準で決められたのかしら?
そちらの方に興味があります。

自分が資産者だったら、したいことが一つ。
1軒の邸宅を建て、部屋ごとにその場に合った絵を飾り
ゆったりしたサロンにして開放する事。お茶かアルコール付。るんるん

絵は美術館で見るのではなく、本来掛けられるべき空間で鑑賞したい。
そうなると一部屋、一日限定6組まで?
入場料を1万いただいたとしても採算合わないですね。

超有名は無理としても、そこそこの画家の作品なら行けるかしら?
でもそこそこでは集客難しいでしょうね。
あ〜、こんな贅沢したいわ〜。

ついでに見た常設展の方に、好きな絵(自宅に飾りたい絵)が沢山ありました。わーい(嬉しい顔)
それにしてもこんなに混んでいる美術館ですが、自宅に絵を飾っている方は
どの位多いのでしょうか?
普通にお邪魔するお宅ではあまり見たことがないのですが…
不思議です。
posted by earlgray at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2014年10月23日

見つけた!

風邪が治らない…
もう2週間以上。すっかり飽きてきています。
熱はないし、鼻水と咳だけ。
心配なのでレントゲンも撮ったら、きれい!
それで、2週間やめていた喫煙を再開。
友人に言わせるとそれだけやめていたのだから、このまま禁煙!
と言われたけど、やめる意思がないから仕方ないの。

ところで、先日行った東京の学士館で面白いモノ見つけました。
DSC_0459.JPG
古い建物を改修時、露出配管を目立たせない工夫。
壁のデザインに紛れて、違和感なし。
こういうのを見つけるのは私だけ?わーい(嬉しい顔)
posted by earlgray at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考

2014年10月06日

サービスってなんだろう?

一流と二流の違いはなんだろう?
最近感じる事はサービスの考え方、スタッフの意識、こだわりの強さの違い?

一流と言われる施設はお金もかけているけど、それ以上にサービス、
手間に人と時間をかけている。
逆にスタッフの手間が大変だから出来ないとか、とりあえず、という施設は、
スタッフの教育も不十分。本来の顧客サービスが出来ていないように思います。
違いは金力ではなく、人力。
と、その教育、かな。

いつも滞在するホテルは、歴史もあり場所も部屋の広さも気にいっているのだけれど
(室内にガラリの二重扉付、ベッドも大きい。はやりの素敵なホテルは仕事をしている
みたいでどうも落ち着かないし、狭い寝るだけのような部屋のホテルは悲しくて嫌。
お帰りなさい、と感じるようなホテルが好みです。)

でも昭和だけに設備に不具合が多い。経年変化が感じられます。
洗面の水栓金具も光を失っているし、排水の流れも悪い。
私は泊まるたびに使用済みの歯ブラシで掃除しています。ふらふら
と、綺麗になるのですよね〜!
ついでにシャワーは使用前に強で水を流します。これだけでも排水の流れは違うの。
掃除にひと手間かければ、なんです。
残念!
それでもある時、設備の不具合のチェックに来たスタッフにお話したら、
それ以降は綺麗になっていて、私の掃除はおしまい!
話してみるものですね。
多分気づかなかったのでしょう。


インテリアの飾り方でも気になります。
絵に構図があるように、置物の配置にも構図があります。
仕事でも、自分が置くときはそれを気にして置くのですが、
時間がたちそこに訪れると決まってバランスの悪い配置、
変なものも増えている。
当初のコンセプトはめちゃくちゃ…
黙ってはいるけれど、一流のところでは見られない現象です。
気になる自分が悪いのか、小さな事ですが何だかなぁと思う私です。






posted by earlgray at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア考