2018年09月27日

悩やみ中…

14年乗っているプジョー様。
今年で車を手放すか、東京オリンピックに手放すか、迷っていたけど父の介護の為にあと2年と思っていたところです。
来月の車検に備え見積りをとったら、85万円越えがく〜(落胆した顔)
50万までは覚悟していたけど、100万近くなら新たに購入したほうがいい感じ。
ディラーには以前から私の乗る頻度から言えば近所のシェアカーで大丈夫と言われているし、悩みどころです。何とか最後の車検を通したかったのですが…

国産車からシトロエン、6台目で今のプジョーになったけど、高速なんて飛ぶように走る今の車が好きでした。
この14年目立った故障もなく、ディラーからは当たりでしたね、と言われていましたし、ナンバープレートも番号選んでわざわざ購入しています。もうやだ〜(悲しい顔)

思えば現場に行くときはいつも一緒。仕事のツールなので磨き上げるほどかまってはいませんでしたけれど、カタログやサンプルを積んで移動したし、モデル設営の時はパンパンの小物を押し込んでスタッフと現場に行っていました。東北各地は殆ど行ってます。
毎週のように高速を走っていた時には、これで事故にでもあったら夜な夜なゴールドのゴーストプジョーが走るのでは?と友人の間で冗談になったほど。

そんな中断舎利を勧めているとはいえ、悲しい決断。家族を失う気分みたいです。
でも、論理的に考えれば廃車にしてシェアカーにするのが一番の選択。
わかってはいるのです…

さっそく初めてのシェアカー体験してきました。
車種は今回日産ノートだから微妙ですが、道具として走ればいいのでクリア。
1時間半ほどの使用でガソリン代、保険代込1300円ほど。
週1回程度使用の私には月維持費やガソリン代、月駐車場を考えると馬鹿みたいに安いです。
しかもカーステーションは歩いて3分程の近隣3か所以上あります。
これでは街の中に住む人間にとって、車は不用になるはず。
もう車社会は遠くになるのかしら…

それにしてもこの14年、他の車にはほぼ乗っていなかったので、最近の車の変貌にびっくり。スタートはボタン、一時停止時にはエンジンが勝手にダウン。
なんか勝手が違い過ぎ。
今まで自分の車のハンドルが重いと感じたことはないけれど、シェアカーのハンドルの軽いことがく〜(落胆した顔)
くるくる回って一回転しそうな位で怖い。まぁ、慣れればいい事なのですが…

近々には結論を出さなければならないけど、悩ましいこの頃です。








posted by earlgray at 14:08 | TrackBack(0) | おシゴト日記

2018年09月18日

インテリアの提案方法

外装改修で塗装の現場があるのに、ずっと雨続き…
一体いつ終わるのやらふらふら

先日打ち合わせでアットホームなインテリアに、の言葉がありました。
アットホーム?微妙な言葉…

以前宿泊施設を経営しているお客様から、アットホームと言われるけどアットホームがいいなら家でいいのよね。と言われました。さすが女性オーナー。わーい(嬉しい顔)
アットホームの先を目指さないとダメとも。

多分アットホームという人は、言葉のイメージとして居心地が良いと言うニュアンスで使っているのではと推測しますが、居心地は人それぞれ違うし、彼らの家の殆どは私にとって居心地悪そうな気がします。

インテリア提案の難しいところは、イメージの伝達。
モダンとかクラシック、ナチュラルなどの形容詞や形容動詞を使っても受け取り方は人それぞれ。
イメージ写真を添付しても想像力がないと、理解していただけません。
そのためにパースという手段を使うのですが、それでさえわかっていただけない場合が多いのです。
(人には3次元の復元能力のある人とない人がいるみたい)
もう、どうしたら理解していただけるのかしら…
悩み続ける毎日です。

それにしてもアットホームなインテリが好きだなんて、世の中小者になった気がします。
バブルで育った世代からすれば、日常で味わえる事をなんで又?
非日常だから意味があるのに、なんて考えてしまいます。

この話を友人としていたら、
そうなんだよね〜。私達は二つで悩んだら、二つとも購入だけど、今は悩んだら買わないのよ。と。
確かに言えます…。妹がその世代。
まぁ、物に頼らないのはある意味成熟なのだけど、どうもそっちでもないような…
日本の経済が悪くなるのも仕方ないですね。

そのうち一般大衆はインテリアなんてどうだっていいが増えるかもしれません。

提案の模索方法以前に、仕事がなくなる問題があるかもしれないがく〜(落胆した顔)バッド(下向き矢印)

posted by earlgray at 12:28 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年09月10日

五感で楽しむインテリア

時々伺う店で食事中、店内に虫の声が…
なんか秋の夜長のようでいい感じ。
会計を済ませ、見送ってくれるスタッフに、CDですか?と尋ねたら
実は迷い込んだ虫らしく、探しているとか。
目

虫はそのままの方がいいのでは?とお願いしました。
天然ものはやはり違いますよね〜。
薄暗い京風和食店内に響く虫の声は風情がありました。

インテリが五感で構成されていることに改めて納得。
料理もいつもより美味しかったような…
贅沢な時間を過ごせました。

でも、セミの声だったら耐え難かっただろうなぁ。
琴の音なんかだったらあざとくていやらしく感じただろうし。
環境音について考えさせられた夜でした。
posted by earlgray at 13:40 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年09月03日

一つ完了

ご依頼のカーテン、取付完了。

2018-08-28 10.35.00.jpg


ベージュアイボリーの無地がお好みでいたので、デザインカーテンにしました。
ウォームグレーをサイドに配しベージュの無地。レースは下が濃くなっている無地の麻風。
ベランダのない2階テラス窓なので外下からの視線に考慮しました。
高さの違う窓が並んでいるのが気持ち悪く、二窓とも床までの長さにしています。
カーテンを閉めつけるタッセルも嫌いなのでなし。
自分的にはスッキリ仕上がったと思っています。
まだデコレーション前なので未完成ですが、観葉植物を置き、出窓には小物を置いてソファのクッション、壁の絵、フロアスタンド等々で、もっと素敵になるでしょう。
当事者にとって、普通に、気持ちよく暮らす。これが目指すところです。

お若いお客様にも気にいっていただけました。感謝。





posted by earlgray at 10:38 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年08月29日

鶴岡

鶴岡市でセミナーがあったので、ついでに全国的に有名なイタリアンシェフの店にも行きたいし、久しぶりに致道博物館にも。
ということで、車で行きました。
当日は台風の影響で大雨。
さすがの晴れ女も歯が立たない。
片道2時間強なので、高速としては郡山行き位でしょうか。
それでも料理は美味しかったし、運転中のおしゃべりも楽しかったので苦にはなりませんでした。

会場は有名建築家の設計ということで、写真撮りまくる人がいっぱい。
有名な方が手掛けた建物に、私ごときが言うのもなんですが微妙。
インテリアの観点からですが、白い布張りのドアは布巻き込みなので
すぐ痛むでしょうし、パンチングの手すりは埃がたまりそう…
会場の椅子の奥行きもない気がします。
(小柄な自分が思うのだから、普通の人には足りないのでは?)
何より白い壁だらけが心地よくない。
入った瞬間感じたのはメッセ等イベント会場に来た感じ。
建物に対する好みはそれぞれ違うので、自分の意見が確かとは思ってはいないですが、自分の住む地域で、自分たちの税金で、自分たちが心地よくない物を作られるのはいやだなぁ…
以前、お役所的には有名な中央の建築家に頼めば安心、という話を関係者から聞いたことがありますが、それってどうなのでしょう?

1点だけ興味深かったのは、トイレのドア。

2018-08-26 14.02.38.jpg

青いラインが空室のサインになっています。
色は賛成しかねますが、私的にはステキなサインです。


それにしても、過酷な日々。
毎週一回は高速で福島を往復し、夜は遅くまで仕事をしてその合間に映画や食事会。親の世話をして、鶴岡まで行く。
まぁ自分でも呆れているけど、動いていると、辛いことや嫌なことを忘れられるし…

来週もハードな日々です。
posted by earlgray at 00:00 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年08月22日

8月

それにしても暑すぎ…
仕事で出かけるのが辛すぎです。特に現場が億劫。
せめて体重でも落ちてくれればなんですが、体重は増加のまま。???

熱いと夜のお誘いが多くなり、ビールの量が増えるからかなぁ。

先日の花火大会夜も恒例の宴会。
アトリエにしている立町のマンションからは正面に見えるので、毎年⒛名ほど集まってます。
そのあとはお盆の宴会があるから、胃も休む暇なし…

それ以外、お盆も仕事でした。
マンションの外壁改装の現場は、急の雨やらで塗装がなかなか進まないけど心配なので
現場には何度も様子を見に行っています。
急きょ頼まれた案件作業もあり、ずっとパソコンの前に座りっぱなしなので、体はバリバリ。
運動不足にも〜。

早く仕事を辞め、猫と遊び暮らしたいと思うけど、
仕上がった仕事で、お客様がインテリアに満足して頂いている姿を見ると、
この自分にとっても嬉しい時間、手放したくない気もします。
120%、あらゆる角度から考慮しているので、自分的には当然なのですがわーい(嬉しい顔)


昨日の会議でも、色々の方が意見を出しているけど結構好き嫌いや一方からの意見が多い。
もちろんそれにも耳は傾けますが、こちらは全ての条件を読み解き、
好き嫌いではなくどれがベストか?で判断しています。
だから至るまでには、資料の用意が大変。結局忙しくなる訳です。もうやだ〜(悲しい顔)

もうすぐ9月なのにこの暑さ、耐えられないなぁ…

ところで、トウモロコシ好きの猫達、本当に上手そうに
(美味しそうではない!)食らいつきます。

2018-08-22 22.44.42.jpg

取り上げようとすると、咥えて逃げ回るので床中にコーンの粒がちっ(怒った顔)
これも暑くなる原因…

posted by earlgray at 20:34 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年07月31日

普通の暮らし

先日ご紹介で、新居のインテリア相談に伺いました。
もっと早くお会い出来ていたら、もっと素敵にできたのに…と、内心は思いますが
自分ほどインテリアにこだわる方が異常なので、まぁ、いいかです。
それでももっと素敵に見せる方法を提案しているところ。グッド(上向き矢印)

仕事をしていて思うのは、皆さんそれほどインテリアにこだわりがない事。
友人知人の家にお邪魔してもそれなり。
普通の暮らしってこんなものなのでしょうか…
自分的にはかなり残念。バッド(下向き矢印)

テレビドラマを見ていてもインテリアが気になります。
画面の中のインテリアは多分時代を反映しているでしょうが、中流の生活でも生活感あり過ぎでまるで巣。
これが今の日本の普通の生活なんでしょうね〜。

posted by earlgray at 13:59 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年07月20日

老い支度

久しぶりにセミナーを依頼され、準備に追われてましたが終了。

テーマは<インテリアの老い支度>
内容はインテリアに絡めた機能的なことが中心。
テーマとしては深いので、健康に自宅で暮らすことの前提にしました。

若い時は講師となると緊張していましたが、さすがにもう緊張しません。
これも年の功ですね。わーい(嬉しい顔)

終了後、開催したテフィカの会員メンバーと懇親会をしましたが、ほとんどが介護にかかわっています。
親を見る事で自分の将来も考えさせられるこの頃、決して楽ではない現実がありました。

最近読んだ水村美苗さんの<母の遺産 新聞小説>。
友人のお勧めの作家さんでしたので、手に取りましたが面白い、親の介護にまつわる話で、気持ちがわかる!が一杯。私も周囲にお勧めしました。

それにしても介護になるとインテリアどころでなくなるのは悲しい…
どこかに妥協点を見つけたいこの頃です。





posted by earlgray at 10:56 | TrackBack(0) | インテリア考

2018年07月15日

週末

友人がホテルと食事まで用意してくれたので、東京へ。
20代の学生の頃からの友人で、東京で一緒に生活もした仲なので、話は尽きなく延々お喋り三昧。

予約してもらった食事の店は美味しかったの一言。
残念なのは回復したと思っていた生牡蠣がまだ駄目だったこと…
5年ほど前に初めてあたり、ようやくフライは大丈夫だったので生も解禁かなと思ってましたが1個で覿面もうやだ〜(悲しい顔)
美味しかったのに残念。

仕事も同業なのでブラブラの場所も建築関連です。
ミッドタウン日比谷は混んでいるけど、我々的には目新しさはなし。
逆に銀座の古いビルに心を動かされました。綺麗ではなく味のある外装やインテリアに心が動かされます。
今の建物やインテリアは新しい時は素敵だけど、時間が建ったらどうなるの?が多いような…長く使い続けて味になる要素が少ない気がします。
こう感じるのは年を取ったせい?

楽しいひと時をプレゼントしていただいた友人に感謝るんるん

それにしても旅行客の多いこと、暑いから余計うっとうしく感じます。
次回は平日デートにしましょうと約束し、早々に別れ帰仙しました。
新幹線満席バッド(下向き矢印)
posted by earlgray at 10:06 | TrackBack(0) | プライベート

2018年07月02日

一日一善

インテリアではありませんが…

仙台駅の地下鉄で乗り換えようとしたら、高齢のご婦人が話しかけてきました。
行きたい場所があるのだけど、わからなくなったそうです。
説明しても大変のようなので、目的地まで送る事にしました。

杖なので、エスカレーターも階段も無理そう。ふらふら
遠回りになるけどエレベーターを探しながら手を引いて誘導しました。
見れば亡くなった母と同じ年齢。ご家族と同居されているようですが、娘さんには知らせないで出てきたとか…
思考はしっかりしていても一人歩きは無理な感じです。

自分も杖生活が2年ほどした経験があるので、街中を歩く不便さはわかります。手を預ける事でバランスが取れる事も…
信号も障害があると途中で渡りきれなくなります。だから今回は遠回りでも横断歩道を通らない道を選択。
健常者は気が付かないでしょうが、日本の道路や信号は結構優しくありません。(関係者は全員一度障害体験をしたら?と思うほど…)
エレベーターだって、こちらのドアとか、前方のドアとかのアナウンスがありますが迷うこともあり、なので赤いドアとか、柄のあるドアとかもう少し案内を考えて欲しいのですが…

無事送り届けましたが、帰りは大丈夫なのかしら?
少し気になる私でした。

posted by earlgray at 13:18 | TrackBack(0) | インテリア考